こんにちは、北の快適工房代表の木下勝寿です。

暦の上では春が動き出す季節となりましたが、
皆さんのお近くにも
春が芽吹き始めているでしょうか。

北の快適工房が本社を構えている北海道は、
二月といえば冬が最も厳しい季節
雪は綺麗な結晶の形を保ったまま降り積もり、
寒さも「痛い」という表現のほうが合っているほど
冷え込む日が続いています。

さて、そんな厳しい寒さと雪に囲まれている
北海道ですが、この季節にしか楽しめないことも
たくさんあります。
特にスキーリゾートなどでは、
上質なパウダースノー
存分に堪能できるということもあり、
全国、ひいては世界各地から観光客が訪れ、
今年も賑わいをみせています。
fdc34620265433cc5f906ed59f762fd4_s
冬になると積雪の量に違いはあるものの
北海道のほぼ全域が雪で覆われるため、
北海道民はウィンタースポーツに関わる機会が
多くあります。
小学生の冬の体育の授業ともなれば、
ほとんどがスキースケートというほど。
近くのスキー場やスケート場で
一日体育の授業をしたり、
校庭にできた立派な雪山やスケートリンクで
授業を行うところもあります。

北海道育ちの工房スタッフからは、
「スケートの授業は校庭に作った
スケートリンクで行うため、
朝早くに学校へ行って、
親やほかの子供たちと一緒に
校庭に水をまいていた。」

「スキー授業でスキー場に行ったときは、
お昼ご飯の時間になると
いつも建物内のイスが足りなくなるため、
みんなで外に出て食べていた。」

「スケートをするときの靴は、
スピードスケート用の
刃が薄いタイプのものだったため、
慣れるまではバランスを保つのも
難しかった……。」

など、実際に体験しないと
気付かないような内容まで、
いろいろなエピソードを聞くことができました。

今では数が少なくなってしまいましたが、
スキー授業で行くスキー場は
イスのようなタイプのリフトではなく、
ロープをつかんで上までのぼる
ロープリフトだった、
というところも多かったようです。
shutterstock_1251635797

(ロープリフトは、
スキーが地面についた状態で引っ張られるため、
斜面がゆるやかな、主に初心者用のコースを
中心としたスキー場にあるリフトです。)

小学生のときは
スキーとスケートで分かれるようですが、
中学生、高校生となると、
ほとんどがスキー授業になる、
というのが一般的なようですね。

また、北海道外のスタッフの中でも
雪が安定して降る地域はスキーやスケートだった、
と北海道と同じ意見が多く、
それ以外の地域になると
「冬の体育はマラソン」というところが多数。
「走る」なんてことは、
雪の積もる地域では考えられないため、
その違いにお互いが驚いていました。

大人になってからはスキーやスケートをはじめ、
身体を動かす機会も減った、
という方もいるのではないでしょうか。
子供の頃や学生時代に比べると
自分のことよりも優先することが増えたり、
ちょっと体力に自信がないなど、
いろいろ理由をつけてしまいがちですよね。

新しいことにはなかなか手が出せなくとも、
昔やっていたことを
もう一度やってみるというのも、
いいかもしれませんね。

したっけ( 北海道では「それじゃあ」のことを
「したっけ」といいます。)、
来月もお手紙を書かせていただきますね。

北の快適工房    
代表取締役 木下勝寿